ブスで処女な6人の女たち①

スポンサーリンク

勘違いブス

総務課の谷田は三十過ぎても男性経験のない根暗の女性でした。

ある日、総務課に入ってきたというイケメン社員に谷田は心ときめくのでした。

しかし……

 

私は男の人に優しくされた事がないのー

寂しくて自分を慰めるしかないのー

私には関係ないー関係ない

私なんか相手にされないわ

 

そしてある日、転機が訪れるのでした。

業務後に、大量の仕事を抱えているを見かけた谷田

仕事を手伝うことにします。

 

と口をきけた事で有頂天になる谷田ですが

さらにからお礼にと食事に誘われるのでした。

 

 

「ブスで処女な6人の女たち」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

嘘……

こんな事初めて……

初めてだわ……

あの人に何かお礼をしなくちゃ…

 

そう思った谷田は、慣れないお菓子を作って

翌日に手渡すのでした。

 

「くれるのはいいんだけど…まずいんだよこれ…」

帰宅してから、自分の彼女を目の前に言う

「いやぁね、あなたに気があるんじゃないのその人

あなた誰にでも優しいから誤解されるんでしょう

調子いいんだから、気をつけてね」

 

 

「ブスで処女な6人の女たち」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

その頃、谷田は暗い自宅でコンビニ弁当を食べながら

考えていたのでした。

 

私…今まで何もしなかったけど

あの人になら何か作ってあげたい

明日はお弁当作ろうかしら

どうしよう……

やめよう、もうこんな事

あの人の顔が浮かぶのに恥ずかしいわ

 

その頃、彼女と夜を共にしているのでした。

 

そして翌日……!?

 

 

「ブスで処女な6人の女たち」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

スポンサーリンク