約束のネバーランド ⑤【内通者】

スポンサーリンク

 

前回 「約束のネバーランド」④【コントロール】のあらすじはこちら>>>

 

 

内通者

 

主人公のエマは11歳の活発な少女

エマと同じ年の少年、優しいノーマンと無愛想なレイは、物心ついた時から

孤児院で共に暮らしている幼馴染みでした。

しかしある日、自分達が食料となる為に

育てられていると知ってしまったエマノーマンレイ

 

孤児院からの脱出を企てるも、全員を連れ出したいと言うエマに対して

自分たちだけで逃げればいいと言うレイ

鬼の手先であったママに加えて刺客のシスターまでが三人を追い詰めます。

 

ママの動きを見ていた三人は子供達の中に内通者がいると考えて

罠を仕掛けたのでした。

そこで判明した衝撃の事実……

 

 

「約束のネバーランド」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

「そうだよ、俺がママの内通者スパイだ」

 

レイがママのスパイだと知ったノーマンは尋ねます。

「実際いつからママのスパイだったの?」

ずっと・・・前から」と答えるレイ

 

監視、保安、商品の向上……

レイは内側から誘導する装置

何食わぬ顔で家畜のフリをして

 

「要は羊飼いにおける牧羊犬さ」

不敵な笑みをこぼすレイに疑問を持ったノーマン

レイが内通者である事を黙っておく替わりに

3つの交換条件をレイに突きつけるのでした。

 

 

 

①今まで通り子供たちの側にいて安全を保証する事

②レイが持っている全情報を開示

③寝返ってもらう

 

 

 

「約束のネバーランド」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

 

「今度は僕のスパイになってよ」

と、笑顔で言うノーマン

衝撃の結論にたどり着いていたのでした。

 

「レイがこの脱獄を仕掛けたんでしょう?

レイは僕らを制御していた……

でも同時にママも制御してくれていたんじゃないの?

僕らが即出荷されないように…

事実、本物のロープの在りかは密告していないでしょう?

ねえ、レイ……

どうしてレイはママの牧羊犬をやっているの?」

 

それに対してレイが答えた真実とは……!?

 

 

「約束のネバーランド」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

次回 「約束のネバーランド」⑥【切り札】のネタバレはこちら>>>

スポンサーリンク