「死ねない拷問」~帰国子女の見た地獄 2~

スポンサーリンク

 

前回 「帰国子女の見た地獄1」のあらすじはこちら>>>

 

 

帰国子女の見た地獄 2

 

主人公の加納アイコは、三ヶ月前に

親の離婚によって、日本に帰国することとなりました。

転校先は祖母の家に近い田舎の高校。

担任の英語教師の日向ひなたの前で

英語で自己紹介をしてしまったことから

クラスでのアイコの立場が変化してゆく。

さらにクラスのグループに入る事を拒んだアイコに訪れる

凄惨ないじめとは…

 

翌日…

屋上へ呼び出されたアイコを待っていたのは

委員長の竹原と堀口でした。

堀口の彼女になるように強要する竹原…

その不気味な様に、思わずその場から逃げるアイコ。

 

逃げ帰った教室では、お昼休みを迎えていました。

そしてアイコがお弁当箱を開けると

そこには…!?

 

自分がいじめられている事を認識したアイコ

 

私、いじめられてる。

ロスにいた時、日本の学校ではよくあるって聞いて

いたけど…

 

それからというもの、アイコに対するいじめは

毎日、エスカレートして行ったのでした。

 

 

「死ねない拷問」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

やめて…

 

やめて…

 

やめてよ…

 

こんな事、お婆ちゃんには言えない…

 

意を決して、担任の日向に訴えるものの

聞く耳を持ってくれません。

 

どうしていいか分からない…

 

八方塞がりになったアイコを、

こっそり呼び出したのは意外な人物でした。

 

いつもアイコがいじめられているのを

心配そうに遠くから見ていたまお

 

「誰かに見られてたら、私がいじめられるから

手短に言うね」

そう言って、まおが説明してくれたクラスの掟とは…

「強制削除」とは一体!?

 

 

「死ねない拷問」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

スポンサーリンク