「死ねない拷問」~帰国子女の見た地獄 1~

スポンサーリンク

帰国子女の見た地獄 1

 

田舎に越してきた帰国子女が遭遇する悲惨ないじめ

その先にあるものは…

 

主人公の加納アイコは、三ヶ月前に

親の離婚によって、日本に帰国することとなりました。

転校先は祖母の家に近い田舎の高校。

 

担任の英語教師の日向から教壇に立って

自己紹介を求められるアイコは

普段通り英語で自己紹介をするのでした。

その流暢な英語にざわつく教室…

それを見た日向も負けじと英語で答えるのでした。

 

…しかし…

 

「あの…いいですか?」

と日向に英語の発音を指摘するアイコ

悪気がなかったとはいえ、プライドを傷つけられた

日向は教室を出て行くのでした。

 

気まずい空気に肩を落とすアイコに声をかけたのは

委員の竹原と、クラスから気味悪がられている堀口

という男子生徒でした。

 

その後も女子生徒たちに囲まれるアイコ。

 

「私たちの会に入ってよL○NEで繋がろうよ

スマホで一日あったことや悩み事を共有するの

クラス全員やってるし、あなたの事もっと教えてよ」

と言うクラスメイト。

 

 

「死ねない拷問」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

会…?

全員…?

自分のことを皆んなに話すなんてイヤよ

親に捨てられたなんて知られたくないし…

 

そう思ったアイコは、

この先のアイコの運命をを左右する一言を言ってしまうのでした。

 

騒然とする教室…

きびすを返してアイコから去って行く女子生徒たち。

その後は誰もアイコに話しかけなくなりました。

 

きっと皆でスマホで会話してるんだ

私の悪口を言ってるんだ…

 

そんな落ち込むアイコを

心配そうに見ている一人の女子生徒がいる事に

アイコはまだ気づいていませんでした。

 

そして翌日…

 

 

「死ねない拷問」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

次回 「帰国子女の見た地獄2」のネタバレはこちら>>>

スポンサーリンク