僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~【神様助けてください~羊の群れ…】あらすじ ネタバレ 無料試し読み

スポンサーリンク

 

 

前回【神様助けてください~踏み入れた落とし穴】のあらすじはこちら>>>

 

 

「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

羊の群れ…

 

川崎涼子は17歳、街で出会った遊び仲間のジュンという家出娘を頼りに

プチ家出を決行します。

2日目でネットカフェでの生活に根をあげた涼子にジュンは、

「本気の仲間になるなら生活のコツ教えてあげるよ」

と言うのでした。

二つ返事で、本気の仲間になると言う涼子を連れて、

ジュンは、あるマンションの一室へ向かいます。

そこは美砂さんというオーナーが関する売春斡旋の部屋でした。

部屋で待機する、行き場のない若い女の子たち。

 

美砂とパートナーの男は、家出少女たちに援助交際をさせて

その7割を搾取していたのでした。

 

本気の仲間の一員となった涼子ですが、援助交際は気が進みません。

自分の置かれている状況が腑に落ちないまま夜を明かすのでした。

 

そして3日が経ったある日、何もしないで居続ける涼子に、

オーナーが仕事を、与えてくれます。

 

おしゃべりデートしませんか?

苺でお願いします。(1万五千円という意味の隠語)

 

食事だけで、体は売らないからと諭され、

その夜涼子は男性と食事をします。

帰り際に腕を掴まれ、「また…今度ね…」と意味深に言う男性に

すっかり怯えた涼子は、

マンションに戻るなりここを辞めたいと申し出ます。

 

それに対してオーナーは…

「それはできない相談よ…」

と顔色を変えて言うのでした。

慣れちゃえばいいんだと周りから言われる涼子。

 

最低でも、ここで寝泊まりした分は返してもらうと血相を変えて言う美砂は、

最低でも30万は働いてもらうと言います。

 

窮地に立たされた涼子は、

人の良さそうな男性客に事情を全て話すのですが…

 

涼子の見た地獄とは…

 

 

「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

スポンサーリンク