僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~【共犯者の目線~夫と我が子】あらすじ ネタバレ 無料試し読み

スポンサーリンク

 

 

前回【かあちゃんに会いたくて~犯行と人間性の矛盾】のあらすじはこちら>>>

 

 

「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

夫と我が子

主人公の由川由美は24歳

彼女の体験した凄惨な事件を語ります。

日々、虐待事件が報道されている中に、

このような事件が実際にあった事を想像してみてください。

 

由美はバイト先で、後の夫となる正利と出会います。

彼は、5歳年上のガテン系。

バツイチでしたが、由美と正利は付き合うようになり、

当時まだ、成人前の由美が妊娠した事により、

結婚する事になったのです。

いくらなんでも早すぎると反対する由美の両親とは打って変わって

正利の両親は、二人の結婚を喜んでくれたのでした。

 

最初の結婚の時に一軒家を建ててもらっていた正利は、

そこに由美と所帯を持ちます。

幸せな夫婦二人の日々…

 

やがて、息子の優太が誕生し、

三人での生活が始まるのでした。

若い上に育児が初めてで慣れない由美に対して、

夫は、妙に赤ちゃんの事を理解しています。

親方にも、同僚にも子供がいるからと言葉を濁す正利でした。

 

しかし…

 

優太が成長するにつれ、夫の態度は変化します。

始めは、優太の夜泣きがうるさいと枕を投げつけられ、

夜中に外に出て、息子をあやす由美。

仕事で疲れているのだろうと自身に言い聞かせていたのですが、

夫の態度はますます劣悪なものに変化して行きます。

 

息子に気を取られていると、怒り出す夫。

子供を後回しにして自分の世話をしろと言う夫に、

由美は恐怖を覚えるのでした。

しかし、休日は息子に優しい夫を見て、

どこの家庭でもある事なのだろうと由美は、

特に気にも留めていませんでした。

 

そして優太が3歳になり、自我が目覚めた頃に状況は暗転します。

 

酔った夫が、反抗した息子にした事とは一体…

 

 

「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

次回【共犯者の目線~無感覚になる共犯者】のネタバレはこちら>>>

 

 

スポンサーリンク