僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~【僕を殺さないで~あなたは信じられますか】あらすじ ネタバレ 無料試し読み

スポンサーリンク

 

 

前回【僕を殺さないで~これは現実の話です】のあらすじはこちら>>>

 

 

「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

あなたは信じられますか

 

読者の方の記憶にも新しいのではないでしょうか。

難病児虐待殺人事件

毎日ように報道されている虐待事件の中で、

実際にこのような事が起こってしまった事を、

心に留めて読んでください。

 

主人公の浅田智子は25歳の一児の母です。

智子には難病を抱えた息子の武(当時5歳)がいます。

武は、先天性多尿症腎臓不全の為、おしっこの調節が効きません。

実家に身を寄せていた智子ですが、4ヶ月前に出会い系サイトで知り合った

恭介という男性と暮らそうと、武を連れて、実家を飛び出します。

 

慌てた智子の両親は、せめて武だけでも手元で育てたいと

捜索願を出していたのでした。

 

そして、智子と恭介は初めて会う事になるのですが、

息子の武は一向に懐こうとしません。

何日経っても平行線の距離感に、苛立ちを覚えた恭介は、

反抗する武の手の甲を思いっきりつねるのです。

武をかばい、恭介を説得する智子ですが…

 

 

「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

恭介は、「こんなガキに理解できるか!

体に教えるのが一番いいんだよ!」と譲りません。

「智子、勘違いするな。しつけと虐待は全く違う。

しつけだって体罰が必要なんだ。

それができないんじゃ一緒には暮らせないな…」

その一言で、智子の考えが少し変わるのです。

この人に逆らったら、また元の暮らしに戻ってしまう…と。

 

 

 

なかなか泣き止まない武を見かねた恭介は、

武を風呂場に引きずっていきます。

そしてなんと、浴槽に武を叩きつけ、熱湯をかけるのでした。

唖然とする智子に、

「お前がやらなきゃダメなんだ!母親だからやっていいんだ」

 

これはしつけだ…恭介に嫌われないように

いい子に躾けなくちゃ…

 

ここから家族の歯車はいびつに動き始めるのでした。

 

 

「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」をスマホで、無料試し読みする方法はこちら>>>

 

 

次回【僕を殺さないで~子供に手をくだす親】のネタバレはこちら>>>

 

 

スポンサーリンク